男は金、女は顔。綺麗事の裏に隠されたモテる真理はたったこれだけ

 

皆さんこんにちはこんばんは。

世界の中心から愛を叫び続ける恋愛マイスターことわたしです。

 

 

今回はモテ男女になるために一番大切な揺るぎない真実をお伝えさせて頂きます。

「モテるために一番大切な真実」

 

・男は金

 

金だ。

歳を重ねれば重ねるほど…

「どれだけ稼いでいるか」

「どれだけの蓄えがあるか」

「どれだけ儲ける能力があるか」

がその人のモテるステータスになります。

わたしは現在アラサーですがひしひしと感じる次第であります。

 

甲斐性のある男性というのは、どれだけ外見が酷かろうが問答無用でモテます。

逆に若い頃と違い、どれだけ容姿が整っていようがお金を稼いでいなければどんどんモテなくなります。

挙句の果てには”残念なイケメン”というレッテルすら貼られかねません。

 

男の賞味期限はお金を稼ぐこと。

低所得のまま歳を重ねればもう未来はないでしょう。

しかし稼いでさえいたらいくつになろうがモテる可能性はあります。

とにかく稼げ。働け。という事です。

 

 

 

・女は顔

 

顔だ。

「結局顔しか見てないとか男って単純」と思うかもしれませんが、それはお互い様なので無益な争いは辞めましょう。

いくつになろうが顔が可愛い、顔が綺麗な方というのはモテます。

そしてそれだけである程度の事は許されますし、何をしていても褒められます。

ブスは何をしても許されませんし、どんな仕草をしようが貶されます。

容姿端麗な人とブスな人とでは同じ事柄でも天と地の反応の違いがあります。

 

女性に化粧というものが与えられている意味はまさに綺麗で在り続けるため。

素に自信がないのならとにかく化粧を極めろという話です。

顔が良ければ世界が180度変わるぐらい全てです。

ただ男性にモテるだけでなく、まず間違いなく取り巻く環境が変わります。

頑張ろう化粧を。

 

 

・まとめ

 

以上、モテるために一番大切な真理でした。

 

「男は甲斐性、女は愛嬌」とよく言われますが、言い換えれば「男は金、女は顔」という事です。

どれだけ優しさがあろうが、思いやりを持っていようがお金を稼いでなければそれ以前の問題です。

まず稼いでいる事が前提。

そこから付属品を足していくような感覚ですね。

 

女性の場合も、愛嬌がある、スタイルが良い、守ってあげたくなるetc…..

それは顔がある程度整っている前提があっての話です。

顔があるから、愛嬌があるとか守ってあげたくなるとかそういう想いに発展するという事です。

 

モテたければ金を稼げ!可愛くなれ!

 

大前提をまずは突破せよ。

考えるのはその後でも充分間に合います。

頑張ろう世の中の非モテ男女たち。

 

 

 

では今回はこの辺で終わりとなります。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

 

それではまたお会いするその時まで。

Good bye♪

 

スポンサーリンク