合コン・街コン・婚活パーティー等には武器を持って挑み、印象に残る人に【非モテからの脱却】

こんにちはこんばんは!

 

 

今回は合コン・街コン・婚活パーティー等には武器を持って挑み、印象に残る人に【非モテからの脱却】というテーマで書いていきます。

 

 

 

その前に、こちらのブログ【非モテからモテ男女へのイノベーション】、今回で10記事目を迎えることとなりました!

見に来てくださる方々本当にありがとうございます。そしてこれからもどうぞよろしくお願い致します!

 

 

 

 

それでは本題ですが、何か1つでも武器を持つこと。これはかなり大切なことだと思います。

 

武器とはゲームの剣とか斧とかではなく、自分の性格や内面のことです。

 

 

 

例えば、「とにかく優しい」とか「明るい」とか「おもしろい」とか何でもいいです。

※万人から見て悪いことはもちろんダメです

 

 

 

自分のこれだけは誰にも負けない自信がある武器を持っている人は、いざ行動して出会いの場に行った時に、第一印象としてそれは強いインパクトになります。

 

合コンや街コンや婚活パーティーといったコンパ系の出会いではそれはより強い武器になります。

 

 

 

 

というのは、全てが平均的な凡人みたいな人って周りに数多く存在しますし、コンパ系のイベントでそういう方は印象に残りにくいです。会話内容ですら記憶に残らない場合もあります。

 

 

 

学校のクラスメイトのように長い期間じっくり一緒にいれるならまだしも、全員が初対面で時間内に色んな人とお話するイベントではやはり何か武器がある人の方が格段と印象に残ります。

 

 

 

 

 

1日で何人もの人と出会うので、10人異性の人がいたらその10人とも好みのタイプが全く同じなんて事はほぼありえません。

 

誰か一人でもその突出した部分がタイプという異性は絶対にいますし、仮にその日いなくても諦めずに行動していれば必ず出会えます。

 

 

 

恋愛シーンに限らず、平均的な人より何かに特化してる人の方が目立ちますし印象にも残るものです。

 

 

 

 

 

出会いの場に何回も行っているけど、今まであまり良い結果を残せていない人はおそらくその武器を持っていなく、何も印象に残るものがないケースもあると思います。

 

 

 

合コンや街コンや婚活パーティーによく参加した経験があるなら分かると思いますが、振り返ったときに印象に残ってない人というのは、物凄く平均的な人だと思います。

 

逆に印象に残ってる人というのは、自分にとって良くも悪くも何かに突出してた人だと思います。

 

突出したそれが自分にとってタイプから外れていたとしても、それをタイプな人は必ずどこかにはいるという話です。

 

 

 

 

 

合コンや街コン婚活パーティーを戦場や会社の面接に例えると分かりやすいです。

 

戦場で武器を持っていない人なんて真っ先にやられますし、武器を持っている相手に勝てるわけがないですよね。武器を持っていない人に何の成果も得られないです。

 

しかし小さな武器でも持っていさえすれば、武器を持っていない人には勝てます。

 

それが強いものであればその場を牛耳ることさえ可能です。

 

 

 

会社の面接でもそうです。倍率の高い会社ほど何かに突出してる人の方が印象に残りますし、それが自信にも繋がります。

 

例えそこが駄目でも行動していれば必ず目を留めてくれる会社は現れます

 

 

 

 

まとめとしましては、とにかく何か1つでもこれだけはというもの、誰にも負けないと自分で思えるものを持っておくと出会いの場に行ったときに強い武器になります。

 

それは小さい事でもなんでもいいです。内面だけでなく趣味なんかでもいいと思います。

 

 

 

自分にはそんなものはない…という人は自分を客観的に見て伸ばせそうなところを見つけて伸ばしましょう。周りの友達に聞いてみるのもかなり良い方法です。

 

そして出会いの場に行った時は遺憾無く発揮しましょう。諦めず行動していれば必ず気に留めてくれる異性は現れます。

 

 

 

 

 

以上、今回のテーマ合コン・街コン・婚活パーティー等には武器を持って挑み、印象に残る人に【非モテからの脱却】でした!

 

いかがだったでしょうか。

 

 

 

出会いにおいて第一印象ほど大切なものはないと思います。

 

その限られた時間でしっかりアピール出来るものを持っている人は結果を残せる場合が多いと自分は感じます。

 

 

 

 

 

では今回はこの辺で終わります。

最後までお付き合い頂きありがとうございます。

 

それではまたお会いしましょう!